本文へ飛ぶ
静岡大学ゲーム研究会-online Archeive-

ドジっ娘(子)-2003/12/05-

"ドジっ娘(子)"の条件

漫画・ゲーム・アニメ・小説などを代表する「ドジっ娘(子)」についてお話します。

「ドジっ娘(子)」が「ドジっ娘(子)」であるためには以下のプロセスを踏まなくてはなりません。

  1. 周囲に今している動作の説明・周囲の認識

    周りの人々に対して、今何をしているかということを伝えます。そこで、「危なっかしいな」とか「何か失敗しそうだな」という予感を抱かせる必要があります。ここが後での「あ、あそこでちゃんと見てあげていればよかった」とか「手伝ってあげさえいれば」という罪悪感を生じさせる源となります。即ち、(連帯)責任を感じさせるのです。

  2. 動作の失敗

    失敗の規模は、他人のフォローが十分に効く範囲でなければなりません。「しょうがないな」と気軽に手伝える範囲、笑って見逃せる被害でなければ、簡単には許してもらえませんし、手伝っても貰えません。すぐ駆けつけることができる時間・場所で行わなければなりません。

  3. 失敗したことを周囲に確実に認識させる

    失敗はすぐさま知らせなくてはいけません。時間が経てば、それだけで周りのフォローが入る確率が低くなってしまいます。確実に認識させるのは、確実に手伝いをもらう為です。また、その失敗が仕方がないことだと周囲に認識してもらうためです。

    知らせる方法としては、大きな物音・悲鳴が最適です。

またこのような適度なドジは、周りの保護欲をかきたてます。もしターゲット(目標)が定まっているのであれば、その目標人物の周りで起こすことができれば、最適です。失敗するたびにその目標人物と同じ時間を過ごすことができるのですから。

このように「ドジっ娘(子)」はこのような非常に高度な計算を行う必要があるため、天然な娘(子)ではなることが不可能です。よって「ドジっ娘(子)」はドジではなく故意にドジを行っていることになります。しかしながら現実社会においては「したたかさ」がにじみ出てくるため、現実世界に存在することはきわめて稀だろうと考えられます。

即ち、

現実で「ドジっ娘(子)」であるコスト»「ドジっ娘(子)」であることで得られるベネフィット

ということです。

備考

Ragna Archives Network ドジっ娘(どじっこ) no.111
http://www5.big.or.jp/~seraph/zero/attribute.cgi?mode=detail&id=111
-Cute Sister TRPG - Charactor style : ドジっ娘 (愚者 0)
http://project2.under.jp/basic/bas_04_00.html
++チキンジョージ 2003.12.05.金 log200312 :: e-SCAPEGOAT
http://e-scapegoat.net/log200312.html#20031205
++チキン陽動作戦 2004.12.20.月 log200412 :: e-SCAPEGOAT
http://e-scapegoat.net/log200412.html#20041220